Google

サイト内を検索
WWW を検索
 
 
サイト運営
下諏訪商工会議所 
長野県諏訪郡下諏訪町
TEL(0266)27-8533(代表)
FAX(0266)28-8811
 
 
下諏訪温泉 博物館と美術館
体験コースがいっぱい! 下諏訪ミュージアム

オルゴール博物館

オルゴール生産では、世界的なシェアを誇る三協精機製作所が保有する、
貴重なコレクション約120点を展示しています。ヨーロッパやアメリカ
の貴重なアンティーク・オルゴールの数々や古典から現在に至る重要なオ
ルゴールの数々を楽しむことが出来ます。併設された喫茶店では、貴重な
ディスク・オルゴールのリクエスト演奏をすることも可能。さらに自分だ
けの手作りオルゴールを製作できる、体験コースもございます。

<時 間> 9:00〜17:30 (12月〜2月末 9:00〜17:00)
<休館日> 年中無休 (2月第1水・木曜日メンテナンス休館)
<入館料> 大人800円 小中学生400円 (団体割引有り)
<TEL> (0266)26-7300
<その他> オルゴールの説明・生演奏は毎時30分より
<H P> http://www.someikan.com/

オルゴール手作り体験要項  
   
全景   体験コース
     
展示室    

ページトップへ戻る
時の科学館

東洋のスイスと呼ばれ、時計や精密工業が盛んな地域であることに由
来して建てられた、時計の博物館。貴重な時計コレクションや、時間
に関する体感型模型の展示、江戸時代からの様々な時計が展示された
時計史などが楽しめます。特に中庭に立つ「儀象台」は、900年前
の中国で発明された、水力で動く大型天文観測時計塔を現代に復元し
たもので、人より大きな歯車のある内部を、見学することが出来ます。
さらに、「腕時計」「置時計」のどちらかを選んで、組み立てをする
事が出来る体験工房が人気です。

<時 間> 9:00〜17:30 12月〜2月は17:00まで
<休館日> 無休(ただし2月第3水・木曜日休)
<入館料> 大人800円 小中学生400円 (団体割引有り)
<TEL> (0266)27-0001
<H P> http://www.gishodo.jp/

時計作り体験要項  
 
天文観測時計塔   時計塔の内部    

ページトップへ戻る
ハーモ美術館
 

諏訪湖の自然と共に心温まる「素朴派(パントルナイーフ)」の名画が
楽しめる美術館です。「アンリ・ルソー」「グランマ・モーゼス」等の
世界的に貴重な絵画が観賞できます。さらに様々な音楽会や特別展も開
催するティーセントホールでは、「ジョルジュ・ルオー」を全版画コレ
クションの中から紹介しています。
また、晴れた日には富士山が眺望でき、諏訪湖から眺める夕陽の美しい
サンセット・ポイントとしても有名です。併設されている喫茶店、売店
のみのご利用も可能です。

■■展示内容■■
●アンリ・ルソー    「花」「果実」「ラ・カルマニョール」
●カミーユ・ボンボワ  「池の中の帽子」
●アンドレ・ボーシャン 「花と木」
●グランマ・モーゼス  「道に架かる古い小屋根」
●ルイ・ヴィヴィアン  「教会」
●アンリ・マティス   「ジャズ」

■■その他■■
「ジョルジュ・ルオー版画コレクション」「ビュッフェ油彩」「ミロ」
「マルク・シャガール」「ピカソ」「マンレイ」「ダリ」塔の所蔵作品
を順次公開しています。(※特別展等により展示内容が変更になる場合
がございます)

<時 間> 9:00〜18:00 冬季(10月〜3月)は17:00まで
<休館日> 無休
<入館料> 大人800円 小中高生400円 (団体割引有り)
<TEL> (0266)28-3636
<H P> http://www.harmo-museum.jp/

全景   入り口

ページトップへ戻る
文学館・民俗館・記念館
 
下諏訪歴史民俗資料館
下諏訪歴史民俗資料館

下諏訪宿を中心に街道・温泉などの貴重な歴史民俗資料が保存展示されています。町や旅人の様子を描いた絵画や当時の風俗、生活を伝える資料が多い。明治初年の建物ですが、間繰りが狭く、奥行きが長い造りなど、宿場の民家の遺構をよく留めています。

 
諏訪湖博物館・赤彦記念館
諏訪湖博物館・赤彦記念館

諏訪湖畔にたたずむ舟をイメージした建物。常設展示は、諏訪湖独特の漁法や湖と暮らしの文化、黒耀石の古代から現代までの使われ方、スケートの変遷、高木地籍の遺跡遺物の展示などをしております。また赤彦記念館には、アララギ派の基礎を築いた赤彦の偉業と作品はもちろん、貴重な資料が公開展示されています。

 
柿蔭山房 島木赤彦住居跡
柿蔭山房 島木赤彦住居跡

大正時代に活躍した日本を代表するアララギ派の歌人島木赤彦、(本名)久保田俊彦が暮らした家。歌人として、教育者としての幅広い活動の拠点となったこの家は、江戸時代の文化文政頃(1815〜20年前後)に建てられたもので、庭には樹齢二百数十年といわれる老松をはじめ、さまざまな植物が植えられていました。

 
今井邦子文学館
今井邦子文学館

今井邦子は女性短歌社「明日香」の創始者として活躍したアララギ派の歌人。島木赤彦と出会い、短歌の新境地を拓いたとされる邦子の実家であった、下諏訪宿の茶屋「松屋」の建物を復元。当時の面影を可能な限り再現しています。今井邦子の愛用品や自筆原稿、掛軸、短歌、写真など約200点を常時展示。


ページトップへ戻る
小さな触れ合い、街かど博物館
 
無料で楽しめる街かど博物館

個人や企業などが所有している、下諏訪町を象徴する産業や文化、歴史
に関連した産物、機械道具、生活用品、文献などの資料等を、もっと幅
広く多くの方に見ていただきたい。この趣旨に賛同してくださった、町
民の方々が、 無料で一般公開しております場所を、「街かど博物館」と
呼んで、観光客の方々にもご紹介しております。

<問合せ> 下諏訪まちつくり推進会議(商工会議所)
<TEL>(0266)27-8533

施 設 名 利用時間 内   容
花屋茂七館 9:00〜16:00
開館 金・土・日曜日
(開館時間以外でも予約をいただければ便宜をはかります。)
江戸末期から明治中期にかけて下諏訪宿の茶屋兼旅籠「花屋」だった自宅を増改築し、町指定文化財「木造虚空蔵(こくぞう)菩薩座像」(高さ26センチ)を常設展示するほか、日本画、浮世絵、書、信仰資料や「花屋」で使った漆器などを展示しています。
古文書館
・民芸館
9:00〜16:00
休館 月曜日
江戸時代末期の古文書など約120点を展示。江戸時代「宮本屋」という茶屋を営んでいた頃の品々、幕末三舟といわれる「勝海舟」「山岡鉄舟」「高橋泥舟」の直筆の豪快な寄せ書きが展示されている。
駅と祭り
の資料館
9:00〜16:00
休館 無休
(都合の休館あり)
下諏訪駅開業(明治38年)から使われていた鉄道関係の品々、明治時代の鉄道ダイヤ表などや、御柱祭・御舟祭りの様子や、祭りにちなんだ祭り用具などを展示している。
9:00〜16:00
休館 無休
(都合の休館あり)
先祖が残してくれた「蔵」に消え行く美しいものを残したい。そんな思いから、おもにカメラの展示と歴史、趣味がこうじて集めた「諏訪地方の蝶の標本」、古伊万里(江戸中期〜末期)など約20点を展示。
懐古物語 9:00〜16:00
休館 火曜日
(都合の休館あり)
明治から昭和の時代にかけての、諏訪大社秋宮を中心とする宿場町「しもすわ」の商店が使用した仕事道具・庶民の生活道具を当時の雰囲気を、大切にしながら展示しています。
言葉の展示館
「風雅舎」
10:00〜16:00
休館 都合により休館あり
諏訪を訪れた著名人の言葉、対話の空間、含蓄ある言葉に耳を傾け対話して下さい。

ページトップへ戻る

下諏訪商工会議所
TEL(0266)27-8533 FAX(0266)28-8811